トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

IMSセミナー

第4回:科目ガイダンスVODを基軸とした全学的なe-learning推進について 〜日本福祉大学を事例として〜

日本福祉大学では、履修登録前に学習目標や授業内容の確認を容易にするオンデマンド化された科目ガイダンスビデオを開発し、2007度より本格的な利用を開始した。この導入は、学生と教員それぞれへ良い効果を生んでいる。学生への効果は、選択した科目が想定していた学習内容と相違があった等の理由による履修の途中放棄人数の低減の形となって現れ、一方、教員へは、全教員がe-learningコンテンツ制作に関わることになったためにe-learning製作に対する不安や負担感の減少、さらに、シラバスの見直しや学習目標を明確化する試みがなされ始めるなど、FD活動やブレンド型コンテンツ開発への広がりを見せている。本発表では、科目ガイダンスのオンデマンド映像(VOD)の視聴を開始したことによる効果を紹介する。視聴実施後に行った学生、開発に携わった教員へのアンケートから、「科目ガイダンス」VODはかなり好意的に受け入れられており、十分な効果が認められるという結果を得た。

全学的なe-learning を推進する場合に、「科目ガイダンスVOD」という仕掛けが有効に作用していることがわかった。開発体制や開発に必要となるシステムの導入だけではe-learning は推進されない。ICT 活用を得意とはしない教員に対しても教員自身がe-learning に関わりこれまでの授業を見直すきっかけとなり、自ら理解した上で推進することに、ポイントがあることがわかった。つまり、教員の不安感の軽減や何をやればよいのか、役割は何かを明確にすることを目的としてプロトタイプ制作を行い、その上で、「科目ガイダンスVOD」の開発工程を体験させることで、「科目ガイダンスVOD」は、教員の意識改革に寄与する有効な仕掛けとなることがわかった。本発表では、取組の背景や開発支援体制の構築、教員にインセンティブを与えることなどを含め、事例紹介を行う。

  • 講師:仲道雅輝(日本福祉大学 教育開発室 主幹)
  • 日時:2009年12月10日(木)14時00分〜16時00分
  • 場所:西図書館3F 情報化グループ学習室

第3回:教育現場で使ってもらえるe-Learningシステムとは何か

講義配信やコース管理システムなどのいわゆるe-Learningシステムは、ともすれば提供される機能の利便性や理論的な学習効果が強調されがちである。しかし実際の教育現場では、システムのもたらす有効性よりも、その効果を得るためにユーザや管理者が負担する作業量の方が、システム利活用に深刻な影響を与えることが少なくない。

本セミナーでは、講義映像配信やコース管理システム活用など講師がこれまで経験したコンピュータ活用教育の実践事例について、教育現場特有の実情や既存システムの問題点、それらに対して取り組んだ工夫(や妥協)を中心に紹介する。それらの話を通して、e-Learningシステムの利活用促進のためシステム開発や運営を行う側が意識すべきことは何かについて議論する。

  • 講師:長瀧寛之(岡山大学 教育開発センター 助教)
  • 日時:2009年7月2日(木)10時30分〜11時30分
  • 場所:情報メディア教育研究センター本館2階セミナー室

第2回:世界に広がるオープンコースウェアー

MITは2002年からすべての講義資料をインターネット上で無料公開するオープンコースウエア(OCW)プロジェクトを開始し、世界の大学に大きな衝撃を与えました。現在、約2000の全講義の半数以上が公開されています。宮川先生は、OCW(オープンコースウェア)の中心メンバーとして活躍していらっしゃり、今回の講演会ではオープンコースウエアとは何か、教育にどのようなインパクトを与えるのか、MITでは何が起り、いま世界の状況はどのようになっているのかをお話いただきます。

  • 講師:宮川繁(マサチューセッツ工科大学 言語学 教授)
  • 日時:2008年2月22日(金)13:30-15:00
  • 場所:情報メディア教育研究センター本館セミナー室

第1回:Augmented Classroom: デジタルペンとPDAを利用した未来型授業の実現

集団授業における生徒の主体的な授業参加を促すため,デジタルペンを用いて生徒の筆記活動をリアルタイムに取得し,閲覧や解析を可能とするインタラクティブ授業支援システムAirTransNoteを開発し,一般教室を対象として運用を行なってきた.本発表では,システムが備える機能と特徴,ならびに適用例についてデモンストレーションを交じえながら説明する.また高等学校での実践授業により明らかになってきたことがらについて述べる.

  • 講師:三浦元喜(北陸先端科学技術大学院大学 助手)
  • 日時:2007年3月9日(金)14:00-15:00
  • 場所:情報メディア教育研究センター本館セミナー室